2つのこと 750x250 - 日本の新カジノ法案について知っておくべきこと2つ

日本の新カジノ法案について知っておくべきこと2つ

ゆっくりと、しかし確実にカジノとギャンブルは日の出ずる国にやってきています。日本ではギャンブルは隅に追いやられてきましたが、競馬やオートレース、パチンコなどは例外ですが、それ以外は認められていませんでした。

ギャンブル依存症は重大な課題とされており、現在、日本にはすでに500万人のパチンコ依存症の人がいます。

しかし、日本政府は年間数十億ドルを費やしパチンコ業界そのものをサポートしています。日本は世界第3位の経済規模を持ち、またカジノの参入は避けられなかったということも合わせて考えてみてください。

この記事では、昨年7月に通過したばかりの法律について説明します。

統合型リゾート(IR)

投稿画像 日本の新しいカジノ法について知るべき2つのこと 1024x602 - 日本の新カジノ法案について知っておくべきこと2つ

新法律はカジノとギャンブルを否応なしにそのまま合法化するわけではなく、従わなければいけないプロセスを設けています。

このフレームワークによると、カジノは単独の店舗ではなく、統合型リゾートとして建設されなければならないということです。

この目的は、カジノやギャンブルの実態を隠すためと言えます。ホテルやその他の実用的な施設を備えたリゾートの中に、カジノも入れられるべきだというのです。

安倍晋三首相は、日本の魅力を高めるためにこの変化を起こしました。これが、日本の観光業を拡大し経済を活性化させる方法だと考えたのです。

日本のどこにできるのか?

投稿画像 日本の新しいカジノ法について知っておくべき2つのこと 日本のどこに 1024x602 - 日本の新カジノ法案について知っておくべきこと2つ

現在国内では3つのライセンスが検討されています。新しいカジノが最初に建設される場所は人工島の夢洲だと考えられています。

また、横浜か東京もカジノリゾートの建設地として推奨されています。

ライセンスが降りた場合、最初の有効期間は10年ということです。その後は5年ごとに更新が必要となります。

すべてがうまくいけば、最初の3ヵ所が7年営業したのち、さらなる建設地が追加される予定です。

日本のギャンブルとカジノというトピックは、本当に興味深いものです。新カジノ法案で何が起きるかに注目が集まっています。ギャンブルにまつわる問題が増加するのでしょうか? それとも日本の経済と観光業を後押しする助けとなるでしょうか? この旅路の成り行きを、皆様と一緒に見守ることができればと思います。

3つの理由なぜ日本人賭博 750x250 - 日本のギャンブル市場が巨大である3つの理由

日本のギャンブル市場が巨大である3つの理由

最近まで、ギャンブルとカジノは日本では違法でした。ただし、政府はスポーツベッティングは例外とし、競馬、オートレースなどのギャンブル、宝くじなどを認めていました。

パチンコもまた政府が認可しているギャンブルで、実はスキルを必要とする数少ないゲームの一つです。

それにもかかわらず、世界中の人が日本のギャンブル市場の展望に舌なめずりしているのです。

なぜ日本のギャンブル市場に注目が集まっているのか、ここでその理由を説明します。

大規模な経済

投稿画像 パチンコが日本でとても有名な3つの理由 ゲームへの愛(および賞) 1024x485 - 日本のギャンブル市場が巨大である3つの理由

現在、日本は世界で第3位の経済規模を持っており、GDPは5兆ドルを超えています。

なぜ日本の経済はこんなにも大きいのでしょうか? 以前、日本は大量の製品を生産しており、それが大規模経済を作り上げていました。しかし今では、そうではありません。

市場に変化が起こり、経済に大きく貢献するような製品を作らなくなりました。

製品づくりから離れてから変化は起こりました。現在では、そうした製品を作るための機械が使用されています。

おそらく日本で最大の産業は半導体の領域でしょう。売られている携帯電話の売り上げのほとんどは、販売者だけではなく必要な素材を作る人にも渡ります。

またキヤノンなど多くのメーカーのカメラ素材も生産しています。日本のプリント配線の技術は広く使われているのです。京セラも同じく、携帯のチップを作っています。

それ以外では、輸出に関しても素晴らしい成果を上げており、日本経済のうち約半兆円が 輸出によって賄われています。車は日本が輸出する中で大変大きな割合を占めています。

海外のカジノ関係者はこれらのことを考慮し、これらの数字はカジノやギャンブルに良い影響をもたらすと見ています。

潜在的な価値

投稿画像 パチンコが日本でとても有名である3つの理由 ああパチンコが表示されます 1024x485 - 日本のギャンブル市場が巨大である3つの理由

海外の投資家はこうしたことを計算し、日本の潜在的なギャンブルとカジノの市場が大変大きな数字になると考えています。

報告書によると、投資家たちはその規模は最低でも150億ドルに上ると考えています。日本円にして約2兆円です。

比較として、世界のギャンブルの中心であるネバダ州ラスベガスの経済規模は、たった110億ドルしかありません。

パチンコが牽引する道

投稿画像 パチンコが日本でそんなに有名な3つの理由 技のこぶし 1024x485 - 日本のギャンブル市場が巨大である3つの理由

上で述べたように、今日の日本でギャンブルに一番近いものは、ピンボールのようなゲームであるパチンコです。

日本では大変人気のゲームで、最低でも500万人が毎日パチンコで遊んでいます。そうした人たちは「パチンコ依存症」とみなされています。

毎年、日本はパチンコマシンに数十億ドルもの資金を費やしています。投資家の目から見れば、大きな金額です。ラスベガスの20倍以上の規模なのですから、当然ですよね。

それ以外にも、パチンコ業界は多くの雇用にも貢献しています。実は、国内最大手の自動車メーカーよりも多くの人を雇っているのです。

こうした理由がありながらも、日本ではギャンブル、カジノを合法化することに未だにためらいがあります。何が起こるかは時間が経てば明らかになることでしょう。